リアルトレードの結果をChartBookに取り込む方法

必要なもの

  • Googleアカウント
  • リアルトレードのデータ

Google Spread Sheetというエクセルみたいなツールを使って、取り込む方法を説明します。 

まず、以下のリンクをクリックすると、Spread Sheetが開きます。この時点では読み取り専用となっていますので、コピーしてお使い下さい。

コピーしたものはご自身のGoogleDrive上に保存されるので自由に編集可能です。

Chromeというブラウザで動作確認しています。

 

コピーの仕方

f:id:shunoted:20181120210223p:plain

コピーすると編集可能になります。

編集可能になると、スクリプト(エクセルでいうところのマクロ)が使えるようになり右上にChartBook用のメニューが追加されます。

ChartBook用のメニューが表示されるまで数十秒かかるようです、シートの切り替えをしてると表示されます。

f:id:shunoted:20181120222904p:plain

具体的な使い方はシート「使い方」を参照してください。

初回の実行時は「このアプリは確認されていません」というメッセージが表示されますが、こんな感じで解除できます。

また、作成したデータをChartBookアプリに取り込む際は、一度、以前あったデータをすべてバックアップしておくことをオススメします。フォーマットが適合しないなど不正データを取り込むことにより予期せぬ不具合が発生する恐れがあるためです。 f:id:shunoted:20181120211056p:plainf:id:shunoted:20181120211012p:plain