FxTester

旧ChartBook

ChartBookとの違いは何ですか?

2020年7月までChartBookというアプリを公開していました。そちらには先物がありましたが、FXTester(FX検証)アプリはFX専用になってしまいました。それ以外に違いはありません。2020年8月時点で新アプリ側にはXAUUSDゴールドが追加されています。XAUUSDはFXCMさん的にはFXに分類されるそうです。追記、2020年10月時点でBTC版にはBTCUSDが追加されてます。細かい部分では新アプリ側には、いくつか機能(テキスト入力、統計グラフ機能など)が追加されています。その他、インジケータ追加を随時行っています。

 

最初からFX用のアプリで先物は、おまけ的な位置付けだったのですが、今後、先物を扱っていくにあたり懸念がありまして、削除させて頂きました。おまけで入っていたとしても、使っている人はいるので機能要望は来るのですが、対応できないものが多く。今後BTCとFXで銘柄を分けることで対応の選択肢が広がります。例えば、資金管理の機能を入れる場合にFXとBTCで分けておいた方がやりやすい等です。

 

ChartBookで懸念だった点

  • 開発者自身が先物について詳しくないので対応が疎かになりがち(日経の日足の開始日時には2種類ある、先物には限月があるがアプリではずっと保有できてしまう、など)
  • 先物は他と比べて必要資金が違うなど初心者向けアプリに適してるか微妙
  • BitMexが日本での取引を制限してしまったりしており種類ごとに分けたいがChartBookには全部の銘柄が入っており対応しずらい
  • etc